» 2018 » 2月のブログ記事

昔働いていた時にお世話になっていた先輩が引っ越すというので掃除を手伝いに行ってきました。
そうです、片づけでも家具設置でも引越し先の掃除でもなく今まで済んでいた部屋の掃除です。
なぜそんな事をするのかといえば、やはり大家さんに引渡しの際に綺麗にしておけばちゃんと敷金が返ってくるのを狙っての事です。

でも実際に現場に到着するとそれはもう汚れ放題の部屋でどんなに掃除したところで余計にお金を取られないか心配になりました。
でもすでに報酬の前払いとして前日に夕食をおごってもらった私に拒否権は無く、余計なことは考えずに目の前にある汚れと戦うことにしました。

今思い返してもあんなに必死になって掃除した事は今までの人生の中で一度も無かったんですけど、おかげで部屋は見違える様に綺麗になりました。
なんだか気分がのってきたので先輩に鍵を借り新しい部屋に向かい家具の設置をしていた時に先輩からの電話で結局敷金は戻ってこなかったとの報告を受けました。
その夜はがっかりと肩を落とした先輩を励ましながら新居で飲んだのですが、次の朝には散らかり放題散らかった新居の姿がありました。
このままでは先が思いやられるなぁと考えながらゴミを片付け帰宅したんですが、気づけば私の部屋もたいがい散らかっていました。
人の振り見て我が振り直せの心構えを学んだ掃除ばかりの二日間でした。