20代後半に8年住んだアパートから引っ越したんですが、その時の話になります。
当時同棲をしていたので広い物件を探して、2階建の一戸建て風格安物件に住んでいました。
長く住んでいたので荷物は山のようにあり、ほとんどがいらないものでした。
新しく住む場所はマンションで、部屋数もあまりない為できるだけ本当にいるものだけを持って行こうと思っていました。
するといらないものが山になり、回収に来てもらうとかなりお金を取られるので自分で自治体の処分場へ運ぶことにしました。
処分場へ持ち込むと基本100kgまで無料と言われたので、軽トラをレンタカーで借りて一回辺り100kgを超えないように運びました。
凄いゴミの量で半日かけて5回運んでも半分にもなりませんでした。
翌日も朝から夕方まで数十回運び、やっとなくなりました。
ゴミを捨てるだけで時間と体力を使い過ぎてしまい、新しい住む場所に荷物を運ぶ、体力と元気がなくなってしまいました。
引っ越しリミットまで残り2日だったのですが、その日は荷物運びをやめました。
1日で運ぶには1人では到底無理だったので、兄やいとこを呼び大人数で運び無事終わりました。
その後お礼代や食事代をみんなに渡したので、お金をかけないように自分で始めた引っ越しが業者に頼んだのと変わらない位の費用となりました。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする